医院ブログ|山口歯科クリニック

アイコンJR「下館駅」車で10分

電話でのお問い合わせ

アイコン0296-23-3663

キービジュアル

定期検診で20本も差が出る理由? 〜お口豆知識

2020年03月4日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

昨日のポカポカ陽気とはうって変わって冷たい雨の水曜日です。

コロナウイルスが猛威をふるっており、学校が休校になったりトイレットペーパーやティッシュが売り場からなくなったりと各方面に影響が出ています。うがい手洗いをしっかりおこなって出来る対策をしていきたいですね。

さて、本日は定期検診で20本もの差が出る理由についてお話します。

定期的にメンテナンスを受けた方と症状があるときだけ歯科を受診する方とでは残せる自分の歯が80歳時点で約20本も差がでることがいろんなところでの研究で明らかになっています。

むし歯は初期段階では痛みがなく、なかなか気づくことができません。痛みを感じるころには、神経までむし歯が達していることも珍しくなく、そうなると神経をとらざるをえなくなります。

しかし、実は神経は「歯に栄養を送る」という重要な役割も担っています。

ところが、神経をとってしまうと歯に栄養が行き渡らず、もろくなって歯の寿命が短くなってしまします。つまり、定期検診でまだ痛みのないむし歯を早期に発見できれば、歯の寿命をより長くすることができるのです。

 

歯周病は、歯周病菌が歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気です。骨が溶けてしまうと、歯がぐらぐらになって、最後には抜けてしまいます。

実は歯周病は歯を失う原因のNo.1。

その原因の一つが、「沈黙の病」と呼ばれるほどの自覚症状の少なさです。骨が溶け始めていてもほとんど痛みがなく、気づいた頃には重症化していることも。

むし歯同様、歯周病を早期に発見することも定期検診の大切な役割です。

 

この他、定期検診では、歯石・歯垢の除去や毎日の歯みがきについての指導なども行います。

歯石や歯垢はむし歯や歯周病の原因となる「細菌のすみか」です。細菌を取り除いて病気のリスクを少なくすることも定期検診の大切な役目。

一生自分の歯でおいしく食事をするためにもぜひ定期検診を受けましょう。

喫煙と歯周病 〜お口豆知識

2020年02月26日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

 

さて、本日のお口豆知識は「喫煙と歯周病」の関係についてです。
まずはこの表を見ていただきます。
名称未設定.png
発ガン性物質やさまざまな有害物質を含んでいる煙草の煙。様々な健康への悪影響が知られていますが、歯周病も例外ではありません。
歯周病は細菌感染によって歯周組織が破壊される病気。喫煙による一酸化炭素やニコチンの摂取により、血管収縮、免疫力の低下などを引き起こし、歯周病菌の活動が活発化します。ある統計によると、喫煙者の歯周病リスクは非喫煙者の2〜6倍にも高くなるといわれています。
1日に吸う本数によって歯周病のリスクが高まっていくのです。
歯周病治療は口腔内の歯周病菌を減らし、人間本来のもつ自然治癒力を利用して歯周組織の状態を改善させていきます。
つまりどんなに歯科で治療をしても、患者さんのもつ治癒力が低ければ、状態がなかなかよくなりません。
そのため、喫煙はその有害物質により、自然治癒力に大きな悪影響を及ぼし、歯周病の治りを悪くします。
それだけでなく、重症化しやすくなりますので十分な注意が必要です。
ということは、喫煙者は歯周病にかかりやすく、治りが悪いということが言えそうです。
このところの健康志向を求める動きから公共の場所や飲食店など分煙化から禁煙化へとどんどんシフトしてきています。
受動喫煙対策を強化する健康増進法の改正案が本年3月9日に閣議決定されたりと喫煙を取り巻く環境はますます世の中の禁煙に向けて加速していきそうです。
受動喫煙での歯周病との関連は分かっていませんが少なからず影響はあるのでしょうね。
私も喫煙者ですがなかなか禁煙には踏み切れないです。でもこうしたいろんなリスクを思うとそろそろ考えないといけないのかなとも思ってみたり。
禁煙外来で通院して禁煙を成功させる方も多いときくとそれならやってみようかなとも思ってみたり。
話はそれましたが、大事なのは喫煙は歯周病にも影響があることを認識しておくことです。
せっかく定期検診で歯医者さんに通って歯磨きもしっかりしているのに歯周病が進んでしまうのはちょっともったいないですよね。
喫煙と健康、私もそろそろ本気で考えないといけないと思っています。
お口元からの健康守っていきたいですね。

みんなでボードに行ってきました! Part.2

2020年02月19日

こんにちは!

筑西市 山口歯科クリニックです。

前回の記事から引き続き、ボードの様子をお届けします!

 

実はこのボード、スキー場の決定から宿泊先の手配、スキー場への移動から2泊3日の食事、すべてスタッフが計画・運営を行っています!

 

 

 

役割分担をしてみんなの朝ご飯を作ったり、2日目にはお鍋が出てきたり…

料理も揃ったところで親睦会がスタート! 日々中々話せないスタッフとコミュニケーションを取ったり、分院同士で交流したり、おいしい食事を囲みながら楽しい時間を過ごすことができました!

会の終盤にはゲームで大盛り上がり!

 

動画サイトで流行っていた【気配斬り】や

毎年恒例某テレビ番組からヒントを得た【最弱王決定戦】など、真剣勝負!

チーム対抗戦のため、周りで応援しつつ味方が負けないかドキドキです…

とても盛り上がった一夜を過ごすことができ、スタッフ同士の親睦も深められる機会となりました!

 

 

 

年々スタッフも増え、団体で行動することも簡単ではなくなってきましたが、こうしたイベントを通して計画の重要性であったり、スタッフ同士の密なコミュニケーションの必要性であったり、とても学ぶことの多い機会となっています。幹事を務めたスタッフ、スキー場まで運転してくださったドライバーの皆さん、そして細かな点でご配慮を頂きました理事長先生、本当にありがとうございます!

こうした機会を持たせて頂き、皆様ありがとうございます!普段では気付けなかったスタッフの一面をたくさん発見し、貴重な機会となりました!ここで高めたスタッフ同士の理解、準備から運営まで協力して高めたチームワークをしっかり診療にも生かしてまいりますので、今後もゴリ歯科をよろしくお願いします!

みんなでボードに行ってきました! Part.1

2020年02月19日

こんにちは。

筑西市 山口歯科クリニックです!

 

先日診療のお休みを頂き、筑西院・山口歯科クリニック、つくば院・デンタルオフィスゴリ、宇都宮院・ゴリデンタルクリニックの3院みんなでスノーボードに行ってきました!

 

暖冬の影響もあってか雪はいつもより少なめでしたが、積雪情報を見て近隣のスキー場に移動するなど臨機応変に対応し、みんなで楽しく滑ることができました!

 

初心者のスタッフにはリフトに乗るところからボードの付け方、斜面での立ち方など、先輩スタッフが付きっきりで教えてくれました。自分だけが楽しむのではなく、みんなで楽しむことを大切にしているゴリ歯科だからこそ、自然にこういった光景が見られたことが嬉しいなと思います!

 

 

スキー場での思い出の1枚! この後も滑って、2日間のスノーボードを楽しみました!

ボード以外の様子は、Part.2へ! ぜひご覧くださいませ!

メタボの怖さ、知ってますか? 〜お口豆知識

2020年02月12日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

さて、今日はメタボの正しい意味について知っておいていただきたお話です。

「最近お腹が出てきちゃって、、、」と鏡を見てはため息をついてる方も多いのではないでしょうか。メタボリックシンドローム(以下メタボ)の判断基準はきちんと決まっており、日本では以下のような基準です。

「ウエスト周囲が基準値を超え、かつ高血糖、高血圧、脂質異常症(高脂血症)のうち2つ以上があてはまる場合」

ウエスト周囲の基準値

男性:85cm

女性:90cm

メタボを放っておくと、動脈硬化が進んで血流が悪くなり、脳血管疾患、心血管疾患、糖尿病など、命にかかわる病気のリスクが高まります。

実際に、肥満・高血圧・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)のうちいずれか一つを持つ方は、何も持たない方に比べて心疾患になる危険性が約5倍であり、3〜4つ持つ方は、その危険性が約36倍に跳ね上がるという研究結果があります。(危険因子・肥満・高血糖・高血圧・高コレステロール労働省作業関連疾患総合対策研究班の調査より)

 

実は歯周病を予防することはメタボを防ぐことにもつながります。その方法は実に単純明快。「よく噛んで食べること!」よく噛むと唾液がたくさん出て、食べかすが歯につきにくくなり、歯周病予防になります。

さらによく噛むことによって脳内の「満腹中枢を刺激してエネルギーを消費させる物質(神経ヒスタミン)」が活性化されメタボの予防に!よく「一口につき30回噛みましょう」といいますがこれにはきちんと意味があるのですね。

30回噛む→満腹中枢を刺激→食欲低下、このサイクルがいいということですね。

 

歯周病が全身疾患と大きな関わりがあると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

近年、口腔内の小さな傷から血管内に入り込んだ歯周病菌が、さまざまな全身疾患に関係していることがわかってきました。その中にはメタボのリスクとしてあげた心・脳血管疾患や糖尿病なども含まれます。糖尿病が歯周病を悪化させ、さらにその歯周病が糖尿病を悪化させる、、、という負のスパイラルがあることや、動脈硬化をおこしている血管から歯周病菌が見つかった、という報告もされています。

歯周病菌と全身疾患との関わりとしては、脳梗塞、心筋梗塞・狭心症・高血圧、糖尿病の悪化、がん、骨粗しょう症、動脈硬化、誤嚥性肺炎、低体重児出産・早産のリスク、などがあります。

 

正しい食生活を心がけることに加え、メタボには適度な運動、ストレスの解消が必要と言われます。

歯周病には毎日の歯みがきと歯科医院でのメンテナンスが大切です。普段の習慣をほんの少しだけ見直すことも必要ですね。

 

歯がしみる原因? 〜お口豆知識

2020年02月5日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

今年の冬は暖冬傾向にあるようで、当の筑西市でも積もるような降雪はまだ無いです。

立春を過ぎたとはいえこれからが寒さの本番のようですので、暖冬だからと気を緩めずに寒さ対策しっかりしていきたいですね。

さて、今日は歯がしみる原因についてお話します。

原因はいくつかあります。

 

「知覚過敏でしみる」

歯はエナメル質という硬い組織で守られています。しかし、歯の磨き過ぎ、酸性食品の摂り過ぎなどによりエナメル質が薄くなると歯がしみてしまいます。

 

「歯周病による歯茎下がり」

歯周病は進行していくと歯茎が下がっていき、歯の根っこが露出してしまいます。歯の根っこはエナメル質がないため、ちょっとした刺激でもしみてしまうことがあります。

 

「むし歯でしみる」

しみる症状の代表といえば、やはりむし歯です。歯の中には神経があり、むし歯によってその神経に刺激が加わることがしみる原因。進行してしまうと歯の神経を取らなくてはならず、歯の寿命が短くなってしまうので注意が必要です。

 

「歯ぎしりで歯の根本がしみる」

歯ぎしりによって歯の根本がえぐれてしまう場合があります。元々歯の根っこにはエナメル質がなく、さらにこうしてえぐれてしまうと歯がしみるようになります。

 

「歯が割れた」

ケガなどで歯が割れてしまうと、しみる症状が出ることがあります。また、ケガだけでなく歯ぎしりや食いしばりによって割れてしまうこともあります。

 

しみるのにはいろんな原因があります。大切なのは「しみる」と思ったら歯科医院で相談してみることです。

たかがしみるだけと放置したままだと大きなトラブルに発展することもありますのでなるべく早めで歯科医院に行った方がいいですね。

 

口臭の原因と対策 〜お口豆知識

2020年01月29日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

新型コロナウイルスについては報道でもあるように大きく広がっているようです。

うがい手洗いやマスク等の対策をしっかりして予防していきたいですね。

 

さて、本日は口臭についてです。

口臭の原因はさまざまですが、その多くはお口の中の細菌が引き起こすものです。人の口の中にはむし歯や歯周病を引き起こす細菌が生息しています。この細菌が増殖しガスが発生することによって口臭となります。

細菌が増える原因と対策、その一。

「歯石がたくさんついていませんか?」

歯周病はお口の中の細菌が引き起こす病気。歯周病にかかっているということは、細菌がたくさんいる証拠です。細菌は歯石をすみかにして、どんどん増殖していきます。この歯石を取らない限り細菌が減ることはありません。口臭だけでなく歯周病治療のためにもまずは歯石を除去しましょう。

・歯石の除去は、歯周病治療だけでなく、口臭予防にも効果的!

 

細菌が増える原因と対策、その二。

「唾液がたりない?」

お口の中のだ液は、殺菌、抗菌の効果を持っています。そのため、しっかりだ液が出ていないと、細菌が増えて口臭の原因にもなります(もちろん、歯周病やむし歯のリスクも高くなります)。口呼吸、喫煙などにより、だ液が出なくなってお口の中が乾く(ドライマウス)ことがあります。日頃からだ液がしっかり出るようにするために、禁煙・鼻呼吸の習慣化やキシリトーツガムなどをかみましょう。

・だ液の殺菌・抗菌効果で口臭を防ぐ!

 

細菌が増える原因と対策、その三。

「舌苔(ぜったい)がついている?」

舌苔(ぜったい)とは、したについて白い苔のように見えるものです。これは細菌や食べかすなどが付着したもので、口臭の原因となります。舌苔は専用のブラシや歯ブラシで舌をこすることにより取れますので、口臭が気になる場合はぜひ試してみましょう。

・舌苔が舌にこびりついて口臭の原因になっていることも。ブラシで取り除きましょう

 

こんなことも口臭の原因になります。

口臭の原因としては、「みがき残し」「むし歯の放置」「不衛生な入れ歯」「残った食べかすの腐敗」などがあります。これらはいずれもお口のケアをしっかりすることで防げるものです。

また、お口以外にも、胃や腸などの内臓に起因するもの、あるいはストレスなどさまざまな原因がありますので、お口のケアで口臭がおさまらない場合は、全身の健康管理にも十分注意しましょう。

 

口臭の原因はさまざまです。原因に応じて最適な治療をすることが大事です!!

口腔悪習癖 〜お口豆知識

2020年01月8日

あけましておめでとうございます。

この一年の皆様のご多幸をお祈りします。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

さて、今日はお口の豆知識として「口腔悪習癖」についてお話しします。

みなさんは。無意識に行なっている癖が、歯並びやかみ合わせに影響していることをご存知でしょうか?歯はちょっとした力でも繰り返しかかることで少しずつ動いてしまうそうです。

とくに成長期のお子さんは日頃の悪い癖が歯並びやあごの発達に大きく影響を及ぼしてしまうと言われています。

こうした癖を「口腔悪習癖」と言います。

次にあげるような癖があったら要注意。もちろん大人の方も注意が必要です。

 

○指しゃぶり・爪を噛む癖

4・5歳になっても指しゃぶりをしていると、少しずつ歯が動き、出っ歯、受け口などの原因になります。子供さんには繰り返し注意を促し、本人に癖を直す意識をしっかり持たせましょう。また爪を噛む癖も歯並びを悪くします。大人にも多い癖なので注意してください。

 

○頬杖

ほおづえをつく癖があると、かみ合わせが深くなったり左右にずれてしまったりします。特にこどもさんのほおづえはあごの成長を抑えてしまい、骨格が小さくなることで歯並びまで悪くなる恐れがあります。

 

○舌癖

上下の前歯に舌を押し当てる癖があると少しずつ前歯がかみ合わなくなり、隙間ができてしまいます。

また、乳児はもともと舌を前に出して食べ物を飲み込みますが、歯が生えてもこの習慣が残っていることがあります。しっかりチェックして正しい飲み込み方ができるようにしていきましょう。

また、舌で奥歯を押していると奥歯が揺れる原因にもなります。

 

○唇を噛んだり吸ったりする癖

上唇を噛んだり吸ったりする癖があると受け口に、反対に下唇を噛んだり吸ったりする癖があると出っ歯になってしまいます。子供さんだけでなく大人にもみられる癖ですので意識してしっかり直すことが大事です。

 

いろいろとお口にまつわる悪い癖はありますね。

歯並びによくないものも多いですから気をつけていきたいですね。

明けましておめでとうございます

2020年01月4日

新年 明けましておめでとうございます。

皆様には、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます

また平素はご愛顧を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

2020年もゴリ歯科スタッフ一同、皆様のお口元の健康そして全身の健康をお守りできるよう、

更なる成長を遂げて参ります。

 

本年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

 

医療法人G・D・C 山口歯科クリニック

インターンシップ開催

2019年12月27日

こんにちは!

筑西市 山口歯科クリニックです。

今年は年越し寒波が来るそうですね。大晦日から元旦にかけて気温が急に下がるとの予報ですので、初詣など出掛ける方は服装に注意して風邪を引かないでくださいね!

 

さて本日は2021年3月に卒業を迎える新卒向けインターンシップ開催のお知らせです。

 

インターンシップ

 

医療法人G・D・Cは現在「リクナビ2021」に企業情報を掲載し、2021年春卒業の新卒大学生の採用に力を入れております!

本格的な採用活動が始まる前に、まずはインターンシップを通して当法人の考え方や取り組みに触れ、学生自身の今後の人生に生かして頂ければと考えております。

 


【リクナビ掲載情報はこちら…】

https://job.rikunabi.com/2021/company/r371802097/

 

現在、3日程をご用意しております。

★2020年の日程となります。

・1/  4(土)   9:30~14:00

・1/10(金) 10:00~16:00

・1/18(土) 10:00~16:00

※1/4の日程が他日程と違いがございますが、インターンシップの内容に変更はございません。

帰省の機会に合わせて、ぜひお越しください。

 


 

医療法人G・D・Cは2019年で開業18年を迎え、昨年には本院・山口歯科クリニックを移転・リニューアルオープン致しました。

【お口の中から人生を変えていく】【患者様の10年先の喜びを見つめる】ことをモットーに、地域の皆様はもちろん遠方からもたくさんの方にご来院頂いております。

現在ではつくば市、宇都宮市にもクリニックを開院し、1日にご来院頂く患者様・お客様の数は法人全体で150名を超えるほどに親しみを持って頂いております。

 

どうしたら笑顔になって頂けるか、どうしたら満足にお食事ができるようになるか、

『医療』に携わり、身体にとって唯一の入り口であるお口元の健康を守るために、インターンシップでお会いし伝えていければと思います。

 

ぜひ、上記URL先からお申し込みください!

 

初診「個別」相談へのご案内

電話での問い合わせ

電話

月・火・木・金:
09:00 〜 13:00 / 15:00 〜 18:00
土:
09:00 〜 17:00 (途中1時間の休憩あり)
休診日:
水・日・祝祭日

このページの先頭に戻る