医院ブログ|山口歯科クリニック

アイコンJR「下館駅」車で10分

電話でのお問い合わせ

アイコン0296-23-3663

キービジュアル

ブリッジのお手入れ 〜お口豆知識〜

2019年08月28日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

九州地方の大雨で被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

朝晩は涼しくなって秋の虫の声も聞こえるようになってきました。このまま涼しくなってほしいところですがまた残暑がぶり返す予報もあります。気温の変化で体調崩しやすい時期でもあります。体調管理に気をつけましょうね。

さて、今日はブリッジのお手入れについてお話ししていきます。

ブリッジは

このように、歯が抜けてしまったぶぶを自分お歯を支えにして橋渡しして歯を補う方法です。

入ればのように取り外す必要もなく大変便利ですが、一方、支えとなっている歯に力がかかるため、歯が折れてしまうなどのリスクがあります。歯が折れてしまうと、さらに大きなブリッジや入れ歯になってしまいまるので、支えとなる歯は特にしっかりケアをして守っていく必要があります。

ブリッジはその構造上、歯ぐきから浮いた部分ができてしまいます

そこに食べかす・プラーク(歯垢)がたまりやすく、これが2次むし歯や歯周病を引き起こします。いずれの歯も耐久性を弱め、ブリッジの支えとなる歯が折れてしまうなどの原因となりますので、注意が必要です。

 

ブリッジのケアに「歯間ブラシ」は欠かせません。歯ブラシでは隙間までしっかり掃除するのが難しく、かなり高い確率で磨き残しが出てしまいます。

そこで、「歯間ブラシ」を 用いて、しっかりと汚れを落とす必要があります。

「歯間ブラシ」には大きさがいくつかあり、使い方にもコツがあります。適切なサイズのものを正しく使うことで効果を発揮します。歯科医院ではブラッシングの指導を行なっていますので、一度ご相談ください。

 

親知らずのトラブル 〜お口豆知識

2019年08月21日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

天候が荒れた日が続いています。

なかなかすっきり夏空という感じではありませんが気持ちはさっぱり爽やかにしていきたいですね。

 

さて、本日のお口豆知識は「親知らず」についてです。

親知らずは歯の一番奥にあって、しっかりと生えていないことが多く、そのためさまざまなトラブルの原因ともなります。

「むし歯・歯周病・炎症の原因になる」

しっかり生えていないと、親知らず周辺にむし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)がたまりやすくなります。

親知らずそのものはもちろん、隣の歯までもがむし歯や歯周病のリスクにさらされることになります。

親知らずが生えきらず、歯ぐきがかぶっていると、そこに最近が入り込んで炎症をおこすことがあります。

「かみ合わせにも影響」

しっかり生えていない親知らずは、しっかりと噛み合わないため、お口全体のかみ合わせにも悪影響を及ぼすことがあります。

かみ合わせが悪くなると、アゴだけでなく身体全体にも影響することがあります。

 

「抜歯したほうがいいの?」

しっかり生えていて、食事の際などにも機能している場合は、できるだけ抜かないようにします。

しかし、横向きに生えていたり、頭だけが出ている、もしくはすでに大きなむし歯になっているような親知らずは、その歯だけでなく、他の歯までもむし歯や歯周病になってしまう原因になります。

なんらかのトラブルがあった場合はもちろん、将来的にみて周りに悪影響を及ぼすと考えられる場合には、抜歯をおすすめすることがあります。

 

こんな場合には抜歯をおすすめすることがあります。

このような症状があっても、親知らずを抜かないほうがよい場合もあります。

埋まってる親知らずや横向きの親知らず、隣の歯に影響もありますがいちがいに全部ぬいたほうがいいといえません。

くわしくは歯科医院までご相談ください。

 

18周年!

2019年08月2日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

梅雨明けから猛暑続きで梅雨寒から一転真夏の気候となっています。体調崩されたりしておりませんか?

さて、山口歯科クリニックはこの度開業してから18年を数えることができました。

これも通ってくださる患者さま皆さまのおかげです。これからも引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

18周年ということでスタッフ一同集まってお祝いです。

今回はかなりイベントも盛りだくさんでした。

初日はチームごとの料理対決!Allez cuisine!(アレ・キュイジーヌ!)と料理の鉄人よろしく各チームごとに趣向をこらした楽しいものでした。

 

二日目はタグラグビー大会!

猛暑日の中、体育館を借りてすっかりおなじみのタグラグビーです。

窓を開け放っていても風が入らずかなり酷暑の中の運動でしたが、事前に梅干しや梅ジュースを各自で摂って対策して臨みました。

それでもやはり暑さのせいで熱中症気味になるスタッフも。もちろん無理させないように休んでもらいました。

タグラグビーの後は日帰り温泉で汗を流して本院に移動。

タグラグビー最下位チームがつくる焼きそばとスタッフが作ってきてくれたおにぎりを食べながら18年の歴史を振り返りました。

18年というと一人の人間が誕生してから高校を卒業するまで、と考えるとそれなりに長いものです。

そこには開設者の理事長先生の考え方があり、その考え方に共鳴したスタッフが関わり一歩一歩進んできたことがあります。

患者さんの健康をお口元から叶えたい、その思いに応えてくれた患者さんたちとの歩みでもあります。

これからも患者さんに寄り添い、あそこにいけば何とかしてくれると患者さんに思ってもらい、話を聞いてもらえてよかったと思ってもらえる患者さんが増えてくださればもっと笑顔でいっぱいになっていくと思います。

この先も20周年、30周年と笑顔で迎えられるように一歩一歩進んでまいります。

新人歯科衛生士研修 ~SRP①~

2019年07月13日

こんにちは!

筑西市 山口歯科クリニック 梅原です。

今年は梅雨が長引き、寒い日も続いておりますね。20日頃梅雨明けとの予報も出ておりますので、急な気候変化で体調を崩さないよう気を付けてくださいね!

 

さて本日は、今年入社した新人歯科衛生士の研修の様子をお届け致します。

今回の研修は「SRP」

聞きなれない言葉かもしれませんが、これは歯の表面に付着した歯垢、歯石などを取り除くだけでなく、歯ぐきの中まで専用の器具を使用し、細菌の棲み処である汚れを掻き出していく治療法です。日々の食事でどんどん入ってしまう歯ぐきの中の汚れは、毎日の歯ブラシケアでは限界があります。そこを、専門知識を持つ歯科医師と歯科衛生士によって治療し、歯周病の改善に努めております。

 

SRP研修

本院・山口歯科クリニックのセミナールームに、新人歯科衛生士4名が集合!つくば院、宇都宮院で働く同期とは先日の宿泊研修振りの再会でした。理事長先生から直々に指導を受けられることに加え、今回は産休中の先輩衛生士が後輩の為にと時間を作って駆け付けてくれました!

まずは基本の復習から。テキストを配布し、内容に沿って細かいポイントの開設を先輩から受けます。

時間を取ってこのような話を聞ける機会は貴重なので、必死にメモを取っています!
  

基本的な解説が終わったら、テキストの写真と見比べながら専用の器具の当て方を模型を使って実演しました。

お口元は一人ひとり違うため、なかなか教科書通りにはいきません。

そういうことをたくさん経験してきた先輩からの指導のため、「こういう風に器具を持つんだよ」「こう当てるんだよ」と指導にも熱が入ります。

その指導に、後輩たちも必死に付いてきます!

 

 

 

 

医療法人G・D・Cでは、入社して2週間しっかり研修を行い、今回のようなテクニカル研修、フォローアップ研修も定期的に行っております。

研修も診療時間中に行うため患者様にはご迷惑をお掛けしてしまうこともあるかと思いますが、彼女たちが成長してくれることで将来より多くの医療サービスが提供できると考えておりますので、ご容赦頂けると幸いです。先輩から後輩へ、考え方やスキルを引き継ぎ、最高の医療サービスを提供して参ります!

 

次回は実際の診療室にて、相互練習を行った様子をお届けいたします!

舌ケアしてますか? 〜お口豆知識

2019年06月19日

梅雨の晴れ間が気持ちいいです。貴重な晴れ間でお洗濯に忙しくされてる方もいらっしゃるでしょうか。

さて、本日はお口のニオイについてです。。

自分で気になってるけどなかなか人に聞いたりできず悩まれている方もいらっしゃいますのではないでしょうか。

そもそもお口のニオイとはどんなものなのでしょうか?

1.生理的なお口のニオイ

歯の周りや舌の上は、食べかすや歯垢、剥がれ落ちた粘膜などの汚れが溜まりやすい場所です。お口の中の細菌がこれらをエサにして腐らせることでガスが発生します。これを揮発性硫黄化合物(VSC)と呼びます。程度に差はありますが、誰もが持ちうるニオイです。

2.食品由来のお口のニオイ

食べ物のニオイ成分やアルコールが九州されると、血液で全身をめぐり、やがて、肺を通して呼吸とともにお口から出てきます。これもニオイのもとです。

3.体調が良くないと起こるお口のニオイ

歯周病やのど・鼻・胃腸の健康状態によっては特有のガスが発生し、お口のニオイの原因になることがあります。

 

生理的なお口のニオイは、生活のリズムによって強くなったり弱くなったりします。普段お口の中はだ液で常に洗い流されてキレイな状態ですが、だ液が減るタイミングではニオイ成分が発生しやすくなります。

一般的に、朝起きた時や食事の前など、だ液の分泌が減る時間帯には、お口のニオイが強くなることが知られています。

また、ニオイの原因である「舌の汚れ(舌苔)」が多く付着していると、お口のニオイも強くなる傾向にあります。

一方で、食事をとると、舌の汚れ(舌苔)が食べ物でこすれて取れたり、だ液で流されたりするため、ニオイが低下します。

ここで出てきた舌苔とはどのようなものなのでしょう?

鏡で自分の舌を見ると白っぽい汚れが付着していることがあります。これがお口のニオイの大きな原因となる「舌苔」です。この舌苔はお口の細菌や食べかす、剥がれ落ちた粘膜などがたくさん付着してできた汚れです。

お口のニオイの約6割が舌の汚れ(舌苔)に起因しているとも言われています。

お口のニオイは、人とのコミュニケーションの妨げにもなります。

ご自分の舌の汚れを一度鏡で確認してみるのもよいですね。

毎日しっかりとケアして気をつけたいですね。

 

歯みがきも大事ですが、ニオイという点では舌みがきも非常に有効です。

タブレットやタンクリーナー等で舌苔をキレイにケアできるものもあります。

心配な方はお気軽に歯科医院で相談されてください。

 

二次むし歯の原因(かぶせもの) 〜お口豆知識

2019年06月5日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

6月になって昼が長くなったのを実感するようになりました。

夕方も7時ぐらいまでは明るくなんとなく1日を長く使えているように思えます。

梅雨入りするまでの貴重な晴れ間のひと時有意義に使っていきたいものですね。

 

さて、今回は二次むし歯についてです。

治療したはずの歯がまたむし歯になるということは無い話ではありません。

むし歯になってしまった場合、「かぶせもの」などを制作して歯を元の形にします。しかし、むし歯は治療をしたからといって「もう安心!」というわけではありません。実はむし歯は治療した箇所こそ注意が必要なんです。

なぜなら、「かぶせもの」をしたところは、様々な理由により再びむし歯になってしまうリスクが大変高いのです。こうしてできてしまうむし歯を「二次むし歯」といいます。

一度むし歯になったということは、その部分がもともと危険な部分であるともいえます。

例えば、むし歯の原因となる歯垢(プラーク)がたまりやすかったり、あついはブラッシングしにくい部分であることが多く、こうしたところは再度むし歯になってしまう可能性が高くなります。

「かぶせもの」はできるだけ歯との境目に段差や隙間ができないよう、丁寧に制作されます。

しかし、長年の使用などにより、どうしてもミクロン単位での段差や隙間ができてしまい、この隙間に歯垢(プラーク)がたまり二次むし歯の原因となります。

 

 

「かぶせもの」は特殊な接着剤でしっかり接着されています。この接着剤はそれ自体が隙間を埋める効果ももっていますが、お口の中で長年使用していると、どうしても接着剤が少しずつ溶けてしまいます。そこに隙間ができ、歯垢(プラーク)がたまって二次むし歯になってしまうのです。

 

一度治した歯でもこうしてむし歯になってしまうこともありますので定期的に検診を受けてお口の中の状態をチェックしてもらってくださいね。

歯を抜くときはどうしたら、、、 〜お口豆知識〜

2019年04月10日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。
桜の季節に真冬に戻ったかのような寒い日です。関東でも雪になった地域もあるようです。暖かくしてお過ごしください。
さて、本日は歯を抜くときの注意点をご紹介します。
いざ歯を抜くとき、それ以外のときでももちろんそうですが、歯科以外の病院にかかっている場合は、そのことを必ずお伝えください。
他の病院で出ているお薬の種類によっては、その影響で血が固まりにくいなどの場合があります。
また、糖尿病・肝臓病などの場合各医院間での連携が必要なこともあります。
抜歯の前の日
とにかくリラックスして体調を整えてください!
また、寝不足にならないように注意しましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、リラックスできてさらに寝つきも良くなります。もちろんお酒の飲みすぎはしないでください!
体調を整えてご来院してください。
抜歯の直前
抜歯後はしばらく食事ができないので抜歯の4時間ぐらい前までにある程度の食事をしておくとよいでしょう。
あとはリラックスあるのみです!
不安な点はなんでも結構です、遠慮せずに歯科医師やスタッフに声をかけてください。
抜歯後の注意
抜歯後はしばらくガーゼを噛んで血が固まるのを待ちましょう。
また、固まった血(血餅といいます)は抜歯したところを感染から守ってくれる役割も果たしますので、流れてしまわないよううがいはできるだけ控えましょう。
抜歯当日は安静にしてください。
激しい運動、飲酒、喫煙、刺激物の摂取は控えましょう。
抜歯後の腫れ
抜歯後は腫れが続く場合がありますが、2、3日後がピークで、少しずつおさまってきます。あまりに腫れや痛みがひどい場合には気兼ねなく相談してください。
※数日程度腫れが続くこともあります。
抜歯後は抜けたところが穴になっています。だんだんと肉が盛り上がって塞がっていきますが、食べ物かすが入りやすくなりますので、歯ブラシでやさしくお手入れしてくださいね。
それでは、お風邪に気をつけて新年度スタートしていきましょう!

新人研修 実施中! Part1

2019年04月5日

筑西市からこんにちは!
山口歯科クリニック 梅原です!
あっという間に4月に入り、また新たな年度が始まりましたね。
今年は5月に改元を控え、つい先日新たな元号も発表となりました。
新たな時代に向けて、気持ちを新たに邁進致します!
さて、山口歯科クリニックでは4月1日付で新たなスタッフを迎え入れることができました!
それと同時に、2週間のプログラムで新人研修を院内セミナールームにて実施しております。
初日は自己紹介を経て、さっそく朝礼で仕事モードON! エールを切って臨みます!
P4010186.JPG
研修では社会人としての考え方、仕事に臨む姿勢など、学校生活とは違う世界に入ったことなどを学びます。講義は理事長先生直々に!
座学では、「内省」と「シェア」を通して、講義で聴いたことをアウトプットしてより理解を深めております。
P4010179.JPG
P4020226.JPG
お昼は先輩スタッフとリラックスして♪ メリハリが大切ですね!
P4020239.JPG
山口歯科クリニックでは、縁あって入社したスタッフ全員の成長を心から願っております。そのため”やり方”でなく、”考え方”からの教育を徹底しております。法人としてスタッフ全員の成長を全力で後押しできるように、それが患者様・お客様へのサービス向上に繋がると考えて、今後も教育に取り組んで参ります。
研修は座学だけではなく、実習も行っています!
その様子はまた後日アップ致しますね!

ブリッジのお話 〜お口豆知識

2019年03月13日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。
このところ雨の日も多いですが確実に一雨ごとに季節は春へと近づいている実感がわきます。待ち遠しいですね。
さて、本日はブリッジについてお話いたします。
歯を失ってしまった場合の治療として入れ歯と並んで代表的なのが「ブリッジ」と呼ばれる治療方法です。
失った部分を橋渡しして、天然の歯に固定するため、入れ歯のように取り外す手間がなく、違和感なく使用できるので広く用いられています。
しかし、長い目で見たとき、ブリッジにはさまざまな危険があります。
ブリッジ負担.png
本来、失った歯にかかるべきが、橋の土台となっている転園の歯(支台歯といいます)にかかることになります。
必要以上の力が支台歯にかかるため、長年お使用により歯にひびが入ったり、割れてしまったりする恐れがあります。
ブリッジばい菌.png
ブリッジの下は何もないので、そこに最近のかたまりであるプラーク(歯垢)が入り込みます。
むし歯や歯周病はこのプラークが原因です。
ブリッジ下は普通の歯ブラシは届かないので、プラークが取りにくく、歯間ブラシなどでしっかり掃除する必要があります。
このようにブリッジ周辺はプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病、さらには口臭の原因にもなりやすいのです。
失った歯の治療としてブリッジを選択する場合はこれらのリスクがあることも頭に入れておくといいかもしれませんね。
入れ歯とどう違うのか、もっと知りたいことがあればお気軽に相談してみてください。

初診「個別」相談へのご案内

電話での問い合わせ

電話

月・火・木・金:
09:00 〜 13:00 / 15:00 〜 18:00
土:
09:00 〜 17:00 (途中1時間の休憩あり)
休診日:
水・日・祝祭日

このページの先頭に戻る