インプラントはどのくらいもちますか?

患者さんのお口の中の衛生管理に大きく関係してきます。お口の衛生状態が悪いと、インプラントの寿命が短くなる場合もあります。

インプラントの歴史は1950年から始まり、実用化されたのは1965年からです。1965年にインプラントを行った患者さんが亡くなるまでの41年間、問題なく機能していたという実例があります。

つまり40年間耐えられる実績は証明されております。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。インプラントの10年生存率は95~97%前後です。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております