«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年1月17日

筑西市からこんにちは、山口歯科クリニックのはまです。

そろそろ新年の慌ただしさからペースが戻ってきたような感じでしょうか。

さて、昨日はクリニックの診療をおやすみして研修会でした。

開業当時の思いを今働いてくれているスタッフ全員で共有して明日からの診療にいかしていくことも目的の一つでした。

その思いを胸にロープレの研修です。
ロープレで実際の相手を前にすると話し方だけではなくじぶんの表情がどうだったか相手からフィードバックが得られるのでいろいろ勉強になります。

IMG_4328.JPG
IMG_4329.JPG

今回のサプライズ!!
あさみちゃんお誕生日おめでとうございます!!
IMG_4304.JPG
IMG_4310.JPG
IMG_4320.JPG

新しい年も一生懸命に患者さんみなさんおお口元からの健康のサポートしてまいります。
本年もご愛顧ののほどよろしくお願い申し上げます。

2019年1月 9日

平成31年もみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

今日は神経のない歯についてです。

歯髄.png

この図のようにあ、歯の内部には「歯髄」と呼ばれる、いわゆる神経組織があります。この歯髄はただ痛みを伝えるだけではなく、無数の毛細血管が存在し歯に栄養分や酸素を送っています。むし歯の進行などによりこの「歯髄」が細菌におかされると、取り除かなければならなくなります。こうして「歯髄」を失ってしまった歯を「失活歯(しっかつし)」といいます。(反対に「歯髄」のある歯は「生活歯」といいます)

神経の無い歯にはこんなデメリットがあります。
デメリット1
「歯がもろくなる」
歯の神経(歯髄)は栄養分や水分、酸素を運んでいます。つまり、神経をとってしまうということは、歯に栄養分が送られなくなってしまうのです。その結果、歯が弱くなってしまいます。
歯は食事のたびに常に力がかかっています。そのため神経をとってしまいもろくなった歯は、どうしてもヒビが入ったり、割れたり折れたりする可能性が高くなってしまうのです。

デメリット2
「むし歯に気づかなくなる」
神経をとったからといっても決してむし歯にならないというわけではありません。むしろ、痛みを感じなくなるので、むし歯になっても気づきにくく、知らないうちに大きなむし歯となり、最悪の場合歯を抜かなくてはならなくなります。

デメリット3
「歯が変色する」
歯の神経をとってしまうと。歯髄のまわりにある象牙質が変質し色が変わってしまいます。このため歯の色も変色してしまいます。奥歯ではあまり気になることも少ないかもしれませんが、前歯の場合はかなり目立ってしまいます。

神経をとった歯がある時は痛みを感じないだけにむし歯に注意です。
歯みがきを定期検診大事ですね。

« 2018年12月 | メイン

山口歯科クリニック 院長 山口和郎 山口歯科クリニック
院長 山口和郎

当院のブログへご訪問いただき、誠にありがとうございます。

私はここ筑西市で、父も祖父も医師という家庭で育ちました。父や祖父が患者さんの健康を第一に考えた診療を行っているのを幼い頃から見ていたため、自分も患者さんの人生と向き合うことができる医療という仕事に従事したいと思うようになりました。

今でもその頃の強い気持ちに変わりはなく、歯科医師ならではの「食べること」という、より根源的な部分で直接患者さんに関われるという点に大きなやりがいを感じています。