2014年11月11日

医院外観

外観

山口歯科クリニックの外観です。落ち着いた雰囲気の建物です。広々と開放的な駐車場は、全部で15台停めることができます。

出入口にはスロープがついており、車椅子やベビーカーを押したままお入りいただけます。玄関でお履き替えいただくスリッパは、皆さんが安心して気持ち良く使っていただけるよう殺菌スリッパを使っています。

外観外観

院長あいさつ

院長あいさつ

皆さん、初めまして。山口歯科クリニックの院長、山口和郎です。
当院のホームページへご訪問いただき、誠にありがとうございます。

私はここ筑西市で、父も祖父も医師という家庭で育ちました。父や祖父が患者さんの健康を第一に考えた診療を行っているのを幼い頃から見ていたため、自分も患者さんの人生と向き合うことができる医療という仕事に従事したいと思うようになりました。

今でもその頃の強い気持ちに変わりはなく、歯科医師ならではの「食べること」という、より根源的な部分で直接患者さんに関われるという点に大きなやりがいを感じています。
 

お口の中全体を考えた、総合的な歯科治療

院長あいさつ当院では開業以来14年間、来院いただく皆さんに「山口歯科クリニックに行けば口元のことは何でも解決できる」と思っていただけるような歯科医療をご提供するために、スタッフと共に日々の診療に取り組んでまいりました。

お口の健康は口元だけでは完結しません。生活習慣や全身的な問題などの要素が大きく影響してきます。ですから、より深く患者さんのことを理解し、さまざまな角度から検討することが重要です。

当院では、お仕事やご家族のことなど、一見歯科診療と関係ないと思われるようなことまでお聞きすることもあります。それは、お口の健康を阻害する原因がそこに潜んでいるかもしれないからです。

また、そのように患者さんと接することで、お仕事の都合、ご家庭の事情なども含めた治療方法をご提供することができます。無理なく自然に通っていただける環境で、お口の健康を守ることができるのです。

歯科医院のイメージを変えていきたい

院長あいさつ当院のモットーは「健康は口の中から」。これは「歯が痛くなったら治療してもらいに行くところ」という、従来歯科医院に対して持たれているイメージを「お口の健康を保つために行くところ」というふうに変えていただきたいという思いの現れです。

当院の治療は予防が基本です。患者さんには、いつまでも健康な歯で食べ物を味わえる喜び、自分らしい笑顔で気兼ねなく笑える喜びを感じていただきたいと思っています。

「人生を変える」歯科治療を提供したい

院長あいさつ私は大学病院在籍時には口腔外科を専門とし、多くの患者さんと接する機会を得ることができました。

患者さんの中には残念ながら病院で人生の終末を迎える方もおられましたが、多くの方が亡くなる前に「美味しいものを食べたい」とおっしゃるのです。そこで私が思い至ったのは、亡くなる直前まで美味しいものを食べられる口元を保つことの大切さでした。

また、人生において「笑顔」は大きな意味を持っていると思います。笑うことで、心が晴れやかになったり前向きになったりすることもできます。それが、口元に自信がなくて気兼ねなく笑顔を作れないとしたら、人生の楽しみは大きく損なわれてしまうのではないでしょうか。

ですから「いつまでも健康な口元を保つこと」と「いつまでも自分らしく笑えること」は、人生を変えるくらい大切なことだと私は思っています。

スタッフも溢れる笑顔で幸せに

院長あいさつ当院のスタッフは笑顔を絶やしません。それは患者さんへのおもてなしという意味もありますが、本当に嬉しくて溢れる笑顔でもあります。患者さんの口元が健康になるにつれて笑顔になっていく過程を見ていると、スタッフも晴れやかな気分になり、自然と笑顔になれるのです。

笑顔が増えることで人生が変わるのは、患者さんに限らずスタッフも同じだと思っています。患者さんの笑顔を見ることで私たちも笑顔になり、素晴らしい人生を送ることができるとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

院長経歴

院長あいさつ医療法人 山口歯科クリニック 院長 山口和郎

【経歴】
1996年 奥羽大学歯学部卒業
自治医科大学附属病院歯科 口腔外科医局入局
2000年 自治医大大宮医療センター歯科 口腔外科医長就任
2001年 自治医科大学附属病院退職
山口歯科クリニック開業

【所属】
日本口腔外科学会
IPOI(近未来オステオインプラント学会)認定医
ICOI(国際口腔インプラント学会)
その他さまざまなスタディグループに所属

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております