主な治療メニュー

親知らずの抜歯口腔外科
親知らずは、10代後半から20代前半にかけて生えてくる永久歯です。奥歯のさらに一番奥に生えます。しかし、親知らずが元からない人もいますし、生えてくる本数には個人差があります。

また、親知らずの生えてくるスペースが不足していたため、半分埋まったままだったり傾いて生えてしまったりする方もいます。こういった場合は、痛みや腫れを伴うことがよくあります。お口の中の環境に悪影響を与えるケースでは、親知らずは抜歯しなければなりません。

顎関節症
顎関節症は、近年患者数が増加している疾病で、現代のストレス病とも言われます。この疾病の症状はさまざまで、顎を動かした際の痛みや関節部の雑音、顎の運動がスムーズでないなどが挙げられます。

歯の外傷
歯やその周辺に外傷を受けると、治療後にも口腔内にさまざまな問題を発生することがあります。滑って転倒した、階段から転落した、ケンカで殴られた、交通事故に遭ったなどで、歯を強くぶつけた方は注意が必要です。

治療後にも、歯根の先に病巣ができてしまったり、歯根の吸収や動揺によって歯が脱落したりするなどの可能性もあるからです。治療が終わったあとも定期的な検診を受けるようにしましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております