歯周外科治療

歯周外科治療当院では重度歯周病の方に対して外科的な処置も行っています。口腔外科の経験が豊富な院長が担当しますので、安心してお任せください。

歯肉切除
歯肉切除術はその名のとおり、歯肉をメスで切り取ってしまう治療法です。歯肉が腫れあがっている場合に、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、縫合します。歯肉切除を行うことでプラーク(歯垢)コントロールがしやすくなります。比較的簡単な手術で、短時間で行うことができます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
掻爬術とは、歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽度の場合に行う外科手術です。歯肉に麻酔をし、器具を使って歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する施術です。これにより、歯根の表層や歯周ポケットの中の汚れ、感染してしまった組織を掻き出すことができます。掻爬術を行えば歯根面に歯ぐきが密着するので、汚れが再び溜まりにくい口腔内環境を作ることができます。

フラップ法
フラップ法は、歯肉を元の健康な状態に戻すことを目的とした施術です。切開した歯肉を歯槽骨から剥離することで、露出した歯根の歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを受けた歯肉などの組織を徹底的に除去することができます。

エムドゲイン法
エムドゲイン法は、歯周外科手術の際に補助的に用いられる治療法で、失われた歯周組織の再生を促すために用いられます。この施術では、手術部位にエムドゲインゲルという薬剤を塗布します。

エムドゲインゲルの主成分であるエナメルマトリックスデリバティブは、子どもの頃、歯が生えてくるときに重要な働きをすると考えられるたんぱく質の一種です。エムドゲインゲルを患部に塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を周囲に再現できます。

※糖尿病患者の方と喫煙者の方にはエムドゲイン手術はできません。
※エムドゲイン法は保険診療適用外の治療法です。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております