歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患歯周病が進行すると歯が抜け落ちてしまうだけでなく、全身にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。また、すでに全身疾患をお持ちの患者さんの場合、疾患を考慮した歯周病治療を施す必要があります。逆に言うと、歯周病を治療することで全身疾患が好転する場合もあるのです。お口の中の健康と全身の健康は、密接に関わり合っています。

糖尿病
糖尿病は、慢性的に血糖値が高くなり全身の免疫力が落ちてしまう病気です。以前から歯周病は糖尿病の合併症の1つと言われてきましたが、最近では歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという関係も明らかになってきました。

脳梗塞
歯周病菌が血液を介して全身を巡り、血管内にプラーク(糊状の脂肪性沈殿物)を作ります。それが原因で血栓ができ、脳の血管にまで運ばれて脳梗塞を発症してしまいます。歯周病の人は、健康な人と比べて2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。

狭心症・心筋梗塞
長年歯周病を放置すると、歯周病菌が侵入した血小板が体内で増加し、動脈硬化を促進して狭心症や心筋梗塞の原因となるとされています。

誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢になると、食事のときに食べ物が気管や肺に入り込んでしまうことがあります。それに伴い、肺に細菌が繁殖して引き起こされる病気が誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、口腔内で繁殖した歯周病菌だと言われています。

骨粗しょう症
骨粗しょう症で全身の骨が衰えると、同時に歯を支えている歯槽骨ももろくなるため、骨粗しょう症の方は歯周病にもかかりやすい状態だと言えます。また、骨粗しょう症の治療でお薬を服用している方が抜歯をすると、歯の周囲の骨が壊死してしまうことがあります。

早産/低体重児出産
歯周病は、女性ホルモンに悪影響を及ぼす可能性があります。歯周病菌に含まれる毒素や炎症物質の濃度が血液中で高まると子宮筋が収縮し、胎児が十分に成長できない状態で出産に至る可能性が高まります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております