保護者の方も予防の意識を持ってください

小児歯科保護者の方にも予防の意識を高めていただくことをお願いしています。「だらだら食べをさせない」「仕上げ磨きは確実に」といった基本的なことを日々の生活の中で気をつけることが、お子さんの歯の健康につながります。

仕上げ磨きを行いましょう
お子さん自身が歯磨きを行うことはとても大切です。しかし、それと同時に歯の汚れをしっかり落とすことも、この時期にはとても重要です。そのため、お子さんがブラッシングを終えたあとは、保護者の方がきちんとチェックしてあげてください。磨き残しがないように仕上げ磨きを行いましょう。

だらだら・ちびちびの食事習慣はやめましょう
食事やおやつをだらだらといつまでも食べたり、スポーツドリンクなどを含め、甘い飲み物をちびちびといつまでも飲んだりするのは、お口の中に常に酸を作り出し、むし歯の原因となります。飲食の時間はきちんと決めて、適度な時間で終わらせるように心がけましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております