不正咬合の種類

叢生不正咬合の種類
顎と歯の大きさのバランスが悪くなり、歯の生えるスペースが足りないため、歯がデコボコに生えたり重なったりしている状態です。歯磨きがしづらく、むし歯や歯肉炎を起こしやすくなります。歯周病にまで進行すると、歯を失ってしまう可能性もあります。

<叢生の特徴>
・歯列がデコボコしていると感じる
・歯に食べカスが残りやすい
・笑うと犬歯が見える

反対咬合不正咬合の種類
噛み合わせたときに、上の前歯より下の前歯が前に出ている状態です。遺伝的要因が大きいと言われていますが、舌を突き出したり上唇を噛んだりするなどの癖が原因となる場合もあります。すべての永久歯が生え揃ってしまうと、矯正以外の治療方法はありません。

<反対咬合の特徴>
・前歯を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
・顎がしゃくれている
・下顎が発達しすぎている
・うまく咀しゃくができない
・言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

上顎前突(出っ歯)不正咬合の種類
上の歯が特に前に出ている噛み合わせです。前歯が乾燥し、むし歯や歯周病になりやすく、見た目も良くありません。指しゃぶりの癖や下顎の成長不足、前歯の角度異常、成長し過ぎた上顎などが原因で起こる症状です。そのほか、口呼吸のお子さんにも多く見られます。

<上顎前出の特徴>
・上の前歯が下の前歯よりも、ひどく前に出ている
・上唇が上ったままで、口を閉じにくい
・無理して口を閉じると、口元が不自然に歪む

開口不正咬合の種類
前歯で食べ物を噛み切ることが難しいほど、上下の前歯を閉じても隙間ができてしまう状態です。また、発音もしづらく、周囲から聞き取りにくいと言われる場合もあります。原因は、幼少期の指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが考えられます。

<開口の特徴>
・奥歯が噛んでいても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
・舌を前方に突き出す癖がある
・麺類などの食べ物が前歯で噛みづらい

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております