インプラントと入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯はバネを掛けている歯が必ずグラグラしてきます。そのため、しばらくすると噛めなくなり、放っておくと反対側の良い歯まで痛めてしまう危険性があります。ブリッジは両隣の健康な歯を削るだけでなく、支えている歯に負担をかけてしまいます。また、歯が磨きにくくなることから、むし歯や歯周病になるリスクが高まります。

入れ歯ブリッジインプラント

つまり、入れ歯もブリッジも残っている歯を痛めてしまう治療法だと言えます。残っている歯を健康に守りたい方には、インプラントをお勧めします。

インプラントとはインプラントとは
インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨としっかり結合して固定されます。その上に取り付ける歯も、患者さんに合わせて1本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりありません。

<インプラントの特徴>
・何でも良く噛める
・入れ歯のような不快感がない
・ブリッジのようにほかの歯を削る必要がない
・ほかの残っている歯を守ることができる
・見た目も美しい

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております