一般歯科

いつまでも自分の歯で食べる喜びを感じていただくために、最適な治療方法をご提案します。

一般歯科

むし歯があると、通常の歯科治療では予防のためにむし歯になりやすい健康な部分まで削ることがあります。患部が神経に近く、治療後に痛みが出る可能性があると、神経を取る治療を施すことも珍しくありません。このような処置は、治療済みの歯が再びむし歯になったり詰め物が外れたりするトラブルを避けるためにも行われます。

当院では、歯をなるべく削らない「ミニマルインターベンション=MI」治療を行っています。ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)とは「最小限の侵襲」という意味です。予防的観点から、歯を大きく削るのではなく、むし歯の部分だけを正確に最小限に削り取ろう、という考え方です。

ミニマルインターベンションの治療は、患者さんに大きなメリットがあります。むし歯に侵された部分だけを慎重に削るので、歯の負担を減らすことができます。治療中に神経を取らずに済み、歯の寿命を延ばすこともできます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております