むし歯の進行と治療方法

むし歯は、初期の段階では痛みや腫れなどの自覚症状がありません。痛みや腫れを感じるのはかなり進行してしまった状態です。進行すればするほど治療方法が限られてしまうため、普段からお口の状態を確認する習慣をつけて、少しでも違和感を覚えたらすぐにご相談ください。

CO(Caries Observationシーオー:初期むし歯)CO
歯が溶け始めてむし歯が始まっている状態ですが、まだ穴があいたり黒くなったりしていません。まだこの段階であれば、日常生活でフッ素入りの歯磨き剤を使ってしっかりブラッシングすることで、再石灰化させることが可能です。

C1(エナメル質う触)C1
歯の表面を覆っているエナメル質がむし歯により溶かされ、小さな穴ができてしまった状態です。まだむし歯が象牙質に達していないため、痛みは感じません。実はこの状態は大変危険で、初期・中期には痛みをあまり感じることがないため、放置するとどんどん症状が進んでしまいます。

C2(象牙質う触)C2
エナメル質の下の象牙質までむし歯が達してしまい、冷たいものや甘いものを食べるとしみることがあります。治療の際には痛みを伴うため、麻酔が必要です。むし歯が内部で大きく広がっている場合はむし歯を除去し、形を整えたあとに型を取り、詰め物を製作して装着します。

C3(神経まで達したう触)C3
エナメル質、象牙質のさらに下の神経にまでむし歯が達しています。この段階になると激しく痛みを感じることが多く、神経が死んでしまった場合は細菌が炎症を起こして膿を生じたり歯ぐきが腫れたりします。麻酔をして神経を取り除き、根の中を掃除してから詰め物をします。処置に時間がかかるため、継続した通院が必要です。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどが崩壊してしまい、根だけが残った状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3と同じように神経を取り除く根管治療を行う必要があります。症状によっては抜歯しなければならないこともあります。神経が全滅してしまうと痛みは感じなくなりますが、放っておくと骨まで溶けてしまうこともある危険な状態です。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております