具体的な根管治療の方法

リーマーと呼ばれる専用の器具を使って、歯の神経が入っていた部分(根管)をていねいに洗浄します。その後、根管に薬を詰めてから被せ物を装着します。このときにむし歯菌を完全に取りきらないと、後に再発することもあります。根管治療には、非常に緻密な歯科技術が必要です。

根管治療

根管治療の流れ
【STEP1】器具を使い、歯の表面のむし歯部分を除去する
次へ
【STEP2】根管部分を治療するために、歯の神経スペースに穴をあける
次へ
【STEP3】歯の根の感染した部分を除去するために、リーマーという器具を使う
※このとき、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をすることもあります
次へ
【STEP4】ばい菌が入らないように、根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮めてから根管を封鎖する
次へ
【STEP5】症例によって、根管治療後の歯に詰め物や被せ物を取り付ける

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております