歯周病治療

多くの方は歯周病が原因で歯を失っています。口元の健康は歯周病の改善から始まります。少しでも不安がある方はすぐにご相談ください。

歯周病治療

歯周病は、歯を支えている歯肉や歯槽骨が少しずつ破壊されていく病気で、お口の中の歯周病原性細菌によって引き起こされます。この細菌による感染症によって、まず歯肉に炎症が起こり、炎症が深部まで及ぶと歯槽骨が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

初期から中期は自覚症状がほとんどなく、末期近くなってようやく症状が現れたときには手遅れという場合がほとんどです。また最近では、歯周病と糖尿病や脳卒中などといった全身疾患との関わりも指摘され始めています。

当院ではなるべく歯を抜かない歯周病治療を心がけていますが、歯周病で溶けてしまった骨は、ほとんどの場合、完全に再生することはできません。そうなる前に、ぜひ定期的なチェックと普段からのケアを習慣づけてください。

こんな症状はありませんか?
・歯磨きをすると血が出る
・歯ぐきが赤く腫れている
・冷たいものがしみる
・歯がグラついている
・歯並びが悪くなってきた
・最近歯が長くなったように見える
・朝起きたときに口の中がネバつく
・喫煙者である
・糖尿病や高血圧である
・妊娠や更年期でホルモンバランスが乱れやすい状態である

歯周病の進行と治療法

歯周病の症状は、大まかに3段階に分けられます。患者さんの症状の進行具合に合わせて、治療法も変えていきます。

軽度歯周病歯周病の進行
歯ぐきに炎症を起こし始めた状態で、歯と歯肉の間に歯垢や歯石が溜まっています。歯肉から出血が見られることもあります。

当院では、歯垢を数回にわたってクリーニングし、患者さんにブラッシング指導を行います。軽度歯周病ならこれで完治できます。頑固な歯石を壊して除去するときには、超音波スケーラーを使います。

中等度歯周病歯周病の進行
炎症がひどくなり、歯を支えている骨が後退し始めるので歯がぐらついてきます。口臭や歯ぐきからの出血もかなり目立ってきた状態です。ここまで症状が進むと、まず歯周ポケットなどの検査が必要です。

中等度歯周病の治療では、歯石を取り除いてから歯根の表面を滑らかに仕上げる施術が必要です。このときには、SRP(スケーリング・ルートプレーニング)と呼ばれる方法を用います。また場合によっては、外科的な処置を施すこともあります。

重度歯周病歯周病の進行
歯周病がかなり進行し、歯肉が真っ赤に腫れて化膿している状態です。この段階では、歯もぐらぐらになってしまっています。こうした症状では外科治療が必要です。また抜歯をしなければならないこともあります。

フラップ手術と呼ばれる外科治療の前に、1本の歯に対して6か所の歯周ポケットをチェックする精密検査を行い、口腔内の状態を確認します。重度歯周病では、細菌が心臓や腎臓に影響を与えていることもあります。治療では、全身疾患との因果関係を常に視野に入れておかなければなりません。

歯周病の基本治療

スケーリング歯周病の基本治療
スケーリングとは、スケーラーと呼ばれる超音波による特殊な器具を使って、ブラッシングでは取り除けない歯石を除去する治療方法です。歯石は90%以上の人が持っていると言われています。その上、歯石は一度取り除いてもしばらく経つと再形成されます。口腔内の健康を保つためには、定期的なスケーリングが欠かせません。

ブラッシング指導歯周病の基本治療
当院では、患者さん一人ひとりに合わせたブラッシング指導に力を入れています。いくら歯科医院でメンテナンスをしていても、ご自宅での毎日のケアを怠っていれば予防はできないからです。磨き残しのせいで歯垢や歯石を作らないように、家庭での日々のブラッシングも当院では重視しています。

PMTC歯周病の基本治療
歯と歯の間や歯周ポケットなど、歯ブラシでは届かないところに溜まった歯垢や歯石を取り除く処置のことをPMTCと言います。歯科医師や歯科衛生士が専門器具を用いて、歯のクリーニングを行います。歯にこびりついた歯石やバイオフィルムは、歯磨きだけでは取り除くことが難しいものです。こうしたしつこい汚れも、PMTCで除去することができます。

歯周外科治療

歯周外科治療当院では重度歯周病の方に対して外科的な処置も行っています。口腔外科の経験が豊富な院長が担当しますので、安心してお任せください。

歯肉切除
歯肉切除術はその名のとおり、歯肉をメスで切り取ってしまう治療法です。歯肉が腫れあがっている場合に、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、縫合します。歯肉切除を行うことでプラーク(歯垢)コントロールがしやすくなります。比較的簡単な手術で、短時間で行うことができます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
掻爬術とは、歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽度の場合に行う外科手術です。歯肉に麻酔をし、器具を使って歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する施術です。これにより、歯根の表層や歯周ポケットの中の汚れ、感染してしまった組織を掻き出すことができます。掻爬術を行えば歯根面に歯ぐきが密着するので、汚れが再び溜まりにくい口腔内環境を作ることができます。

フラップ法
フラップ法は、歯肉を元の健康な状態に戻すことを目的とした施術です。切開した歯肉を歯槽骨から剥離することで、露出した歯根の歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを受けた歯肉などの組織を徹底的に除去することができます。

エムドゲイン法
エムドゲイン法は、歯周外科手術の際に補助的に用いられる治療法で、失われた歯周組織の再生を促すために用いられます。この施術では、手術部位にエムドゲインゲルという薬剤を塗布します。

エムドゲインゲルの主成分であるエナメルマトリックスデリバティブは、子どもの頃、歯が生えてくるときに重要な働きをすると考えられるたんぱく質の一種です。エムドゲインゲルを患部に塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を周囲に再現できます。

※糖尿病患者の方と喫煙者の方にはエムドゲイン手術はできません。
※エムドゲイン法は保険診療適用外の治療法です。

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患歯周病が進行すると歯が抜け落ちてしまうだけでなく、全身にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。また、すでに全身疾患をお持ちの患者さんの場合、疾患を考慮した歯周病治療を施す必要があります。逆に言うと、歯周病を治療することで全身疾患が好転する場合もあるのです。お口の中の健康と全身の健康は、密接に関わり合っています。

糖尿病
糖尿病は、慢性的に血糖値が高くなり全身の免疫力が落ちてしまう病気です。以前から歯周病は糖尿病の合併症の1つと言われてきましたが、最近では歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという関係も明らかになってきました。

脳梗塞
歯周病菌が血液を介して全身を巡り、血管内にプラーク(糊状の脂肪性沈殿物)を作ります。それが原因で血栓ができ、脳の血管にまで運ばれて脳梗塞を発症してしまいます。歯周病の人は、健康な人と比べて2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。

狭心症・心筋梗塞
長年歯周病を放置すると、歯周病菌が侵入した血小板が体内で増加し、動脈硬化を促進して狭心症や心筋梗塞の原因となるとされています。

誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢になると、食事のときに食べ物が気管や肺に入り込んでしまうことがあります。それに伴い、肺に細菌が繁殖して引き起こされる病気が誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、口腔内で繁殖した歯周病菌だと言われています。

骨粗しょう症
骨粗しょう症で全身の骨が衰えると、同時に歯を支えている歯槽骨ももろくなるため、骨粗しょう症の方は歯周病にもかかりやすい状態だと言えます。また、骨粗しょう症の治療でお薬を服用している方が抜歯をすると、歯の周囲の骨が壊死してしまうことがあります。

早産/低体重児出産
歯周病は、女性ホルモンに悪影響を及ぼす可能性があります。歯周病菌に含まれる毒素や炎症物質の濃度が血液中で高まると子宮筋が収縮し、胎児が十分に成長できない状態で出産に至る可能性が高まります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております