小児歯科

歯医者嫌いのお子さんにしないために。そして子どもの頃から予防の習慣をつけて、将来のリスクを減らしましょう。

小児歯科

「大きな声で泣き出して治療ができない」
「キーンという音だけで怖がってしまう」

このように歯科医院を嫌がるお子さんはいらっしゃいませんか?当院ではお子さんが楽しく治療を受けられるよう、スタッフ一同、やさしくていねいに対応しています。

治療も、緊急の場合を除けば無理やり行うことはありません。お子さんの将来のことを考えると、無理に治療しないほうが良いからです。成人しても楽しく歯科医院に通えるよう、お子さんの治療には細心の注意を払っています。

また、当院ではキッズルームを完備していますので、初めは遊ぶだけでも結構です。歯科医院の雰囲気に慣れることから始めましょう。キッズルームでブラッシングだけして帰るお子さんもたくさんいらっしゃいます。

まずは慣れてもらうことから小児歯科
当院はキッズルームを併設し、保育士が在籍しています。初めて訪れるお子さんにはまずキッズルームで遊んでもらい、歯医者さんが怖いところではないというイメージを持ってから、徐々に治療に移ります。

治療についても、初回はキッズルームでブラッシングだけ、次はユニットに座ってもらって先生とお話しをするだけ、というように段階を踏んで少しずつ慣れてもらいます。

※保護者の方が治療されている間も、保育士がお子さんのお世話をします。
(ご予約時にお子さん連れでいらっしゃる旨お伝えください)

保育士についてはこちらをご覧ください

歯が生えてきたら予防の習慣を

小児歯科保護者の方には、お子さんをできるだけ早い時期から連れてきていただくことをお願いしています。歯科医院に少しずつ慣れてもらい、歯が生えてきたらスムーズに予防治療に入れるのが理想です。

お子さんの予防治療は、主にフッ素塗布とブラッシングです。来院されたときに濃度の濃いフッ素を塗り、ご自宅では薄めたものを塗布していただくようお願いしています。

保護者の方も予防の意識を持ってください

小児歯科保護者の方にも予防の意識を高めていただくことをお願いしています。「だらだら食べをさせない」「仕上げ磨きは確実に」といった基本的なことを日々の生活の中で気をつけることが、お子さんの歯の健康につながります。

仕上げ磨きを行いましょう
お子さん自身が歯磨きを行うことはとても大切です。しかし、それと同時に歯の汚れをしっかり落とすことも、この時期にはとても重要です。そのため、お子さんがブラッシングを終えたあとは、保護者の方がきちんとチェックしてあげてください。磨き残しがないように仕上げ磨きを行いましょう。

だらだら・ちびちびの食事習慣はやめましょう
食事やおやつをだらだらといつまでも食べたり、スポーツドリンクなどを含め、甘い飲み物をちびちびといつまでも飲んだりするのは、お口の中に常に酸を作り出し、むし歯の原因となります。飲食の時間はきちんと決めて、適度な時間で終わらせるように心がけましょう。

当院の主な小児歯科メニュー

ブラッシング指導小児歯科
乳前歯だけが生えてきた頃と乳歯が生え揃ってきた頃、永久歯が生えてきた頃では、ブラッシングの方法や使用する歯ブラシを変える必要があります。お子さん一人ひとりの成長に合わせたブラッシングの指導を行います。

フッ素塗布
生えたばかりの乳歯や永久歯は歯の質が弱くむし歯になりやすいため、フッ素を塗布して予防効果を高めます。フッ素には「唾液中のミネラルの沈着を促す」「再石灰化を助ける」「歯を強くする」「細菌による酸の生成を抑える」などの働きがあります。

MIペースト
MIペーストは、フッ素塗布とともにむし歯予防に高い効果を発揮する歯のミネラルパックです。歯の掃除を行った直後に塗布することで、ミネラルを補うことができます。初期むし歯であれば、MIペーストだけである程度治癒させることも可能です。

シーラント
奥歯の永久歯(第一大臼歯)にプラスチックを埋めてむし歯を予防する処置です。第一大臼歯は歯の中で最も大きく非常に重要な歯ですから、子どもの頃からきちんとケアすることが大切です。

小児矯正治療
定期的な予防を続ける中で、矯正治療が必要な場合も出てきます。当院では6歳から矯正治療を行うことができます。お子さんの歯並びが気になる方はぜひご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております