歯並びの改善はもちろん、歯の健康を維持するための矯正治療

歯には1本1本大切な役目があります。当院では、歯の健康を守り、歯の寿命を長く延ばせることを目的に、なるべく抜かない歯列矯正治療を行っています。

矯正治療

歯並びをキレイに直し、お口の環境を整える矯正歯科ですが、当院ではなるべく歯を抜かない矯正治療をお勧めしています。歯がなくなることは、お口の中にさまざまなトラブルが起こる原因となり得るからです。

特にお子さんの歯は、1本でも抜けるとお口の容積が小さくなり舌の行き場がなくなってしまうため、発音や嚥下(飲み込み)に大きな問題が起きる可能性があります。

小児矯正

小児矯正お子さんの歯や顎の骨はまだ成長期にあるためコントロールしやすく、大人になってからの矯正に比べると簡単に見た目をキレイに整えることができます。

歯並びが悪いまま成長してしまうと、顔が歪んでしまったり順調な発育を妨げてしまったりする恐れがあります。当院では6歳頃から矯正治療をスタートし、骨の成長と同時に矯正を行うことができます。歯が生え始めた頃に予防治療の一環として歯列のチェックも行うことをお勧めします。

<小児矯正のメリット>
●顎の成長バランスを整えることができる

歯並びを改善することで、顎や顔の成長バランスを整えることができます。成長をコントロールし、バランスを整えることは、成長期である子どもの時期にしかできません。

●永久歯を抜かない矯正ができる
乳歯の段階で奥歯を後方に移動させたり顎の成長を促したりすることで、永久歯が生えてくるときの最適なスペースを確保することができます。そのため、ワイヤーによる本格的な矯正の際に抜歯の可能性が低くなります。

●永久歯の矯正期間を短縮できる
早期の治療によって顎の成長バランスを整えたり、永久歯が正しい位置に生えるように導くことで、永久歯になってから行う本格矯正の際、期間を短縮したり簡単な治療にすることができます。

成人矯正

成人矯正大人になってすでに歯や顎が成長していると矯正治療はできない、と思われている方が多くいらっしゃいます。矯正治療は基本的にいくつになってもできる歯科治療です。当院では口腔外科を専門に学んだ院長をはじめ、経験豊富なドクターが揃っています。大人の方も安心して矯正治療を受けていただけます。

成長が不安定なお子さんと比べ、大人になると歯や顎の成長はすでに止まっているため計画治療が立てやすく、スムーズに治療を進められるというメリットがあります。矯正治療の開始時期に遅いということはありません。「歯並びをキレイにしたい」と思ったときがベストなタイミングなのです。

また、歯周病の方は通常、歯周病治療を終えてから矯正治療に移行しますが、当院ではトータルで治療計画を立てるため、歯周病治療と矯正治療を組み合わせた効率的な治療をご提供することも可能です。

●歯周矯正
成人の場合は歯周病にかかっている患者さんが多く、矯正治療の前に歯周病治療で口腔内の感染のコントロールを行う必要があります。重度の歯周病の場合は、歯周外科によって生じる骨の再生を利用して歯列を動かす歯周矯正を行うこともできます。

当院ならではのサービス

・治療費以外はまったくかかりません(ただしむし歯や歯肉の治療費はかかります)
・毎月の調整料はいただきません
・成人矯正にはホワイトニングをサービス

当院の主な矯正治療

床矯正床矯正
顎の骨の正常な発育を促し、余分な歯を抜いたりワイヤーなどで無理に並べたりする必要がないため、自然に美しい歯列に矯正できる治療法です。お子さんの矯正治療でよく使われます。

マルチブラケットマルチブラケット
歯をワイヤーで連結して、上下左右に歯の移動を行う治療です。矯正治療を行うほとんどの患者さんが使用します。摩擦が少ないもの、目立たないもの、歯の裏側に装着するものなどさまざまな種類のブラケットがあり、症状に合わせて使用します。

マウスピース矯正(アクアシステム)マウスピース矯正
マウスピース型の矯正器具を使用します。透明で目立たず、取り外しも可能なため、お仕事の都合などで普段矯正装置をつけるのが難しい方にお勧めの矯正方法です。ブラケットと併用することもあります。

不正咬合の種類

叢生不正咬合の種類
顎と歯の大きさのバランスが悪くなり、歯の生えるスペースが足りないため、歯がデコボコに生えたり重なったりしている状態です。歯磨きがしづらく、むし歯や歯肉炎を起こしやすくなります。歯周病にまで進行すると、歯を失ってしまう可能性もあります。

<叢生の特徴>
・歯列がデコボコしていると感じる
・歯に食べカスが残りやすい
・笑うと犬歯が見える

反対咬合不正咬合の種類
噛み合わせたときに、上の前歯より下の前歯が前に出ている状態です。遺伝的要因が大きいと言われていますが、舌を突き出したり上唇を噛んだりするなどの癖が原因となる場合もあります。すべての永久歯が生え揃ってしまうと、矯正以外の治療方法はありません。

<反対咬合の特徴>
・前歯を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
・顎がしゃくれている
・下顎が発達しすぎている
・うまく咀しゃくができない
・言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

上顎前突(出っ歯)不正咬合の種類
上の歯が特に前に出ている噛み合わせです。前歯が乾燥し、むし歯や歯周病になりやすく、見た目も良くありません。指しゃぶりの癖や下顎の成長不足、前歯の角度異常、成長し過ぎた上顎などが原因で起こる症状です。そのほか、口呼吸のお子さんにも多く見られます。

<上顎前出の特徴>
・上の前歯が下の前歯よりも、ひどく前に出ている
・上唇が上ったままで、口を閉じにくい
・無理して口を閉じると、口元が不自然に歪む

開口不正咬合の種類
前歯で食べ物を噛み切ることが難しいほど、上下の前歯を閉じても隙間ができてしまう状態です。また、発音もしづらく、周囲から聞き取りにくいと言われる場合もあります。原因は、幼少期の指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが考えられます。

<開口の特徴>
・奥歯が噛んでいても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
・舌を前方に突き出す癖がある
・麺類などの食べ物が前歯で噛みづらい

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております