安心・安全な環境で、大学病院レベルの高度な治療を

当院の院長は大学病院で口腔外科医として勤務していた経験があります。また、IPOI(近未来オステオインプラント学会)認定医として、これまで多くの症例を手がけています。

インプラント

一度抜けてしまった歯は二度と元には戻りません。歯が抜けてしまったところをそのままにしておくと、空いたスペースに周囲の歯がずれ込んできたり対抗する歯が伸びてきたりして噛み合わせが悪くなり、お口の中全体のバランスが狂ってしまいます。そのためできるだけ早く、失った歯を補う必要があります。

歯を失ったときの以前の治療法と言えば、入れ歯かブリッジでした。入れ歯は留め金をかけて固定するので、留め金がかかる歯に余分な負担を与えてしまいます。ブリッジは健康な歯を削らなければ入れられません。しかしインプラントなら顎の骨によって支えられるため、バネをかけたり健康な歯を削ったりする必要がありません。

インプラントと入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯はバネを掛けている歯が必ずグラグラしてきます。そのため、しばらくすると噛めなくなり、放っておくと反対側の良い歯まで痛めてしまう危険性があります。ブリッジは両隣の健康な歯を削るだけでなく、支えている歯に負担をかけてしまいます。また、歯が磨きにくくなることから、むし歯や歯周病になるリスクが高まります。

入れ歯ブリッジインプラント

つまり、入れ歯もブリッジも残っている歯を痛めてしまう治療法だと言えます。残っている歯を健康に守りたい方には、インプラントをお勧めします。

インプラントとはインプラントとは
インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨としっかり結合して固定されます。その上に取り付ける歯も、患者さんに合わせて1本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりありません。

<インプラントの特徴>
・何でも良く噛める
・入れ歯のような不快感がない
・ブリッジのようにほかの歯を削る必要がない
・ほかの残っている歯を守ることができる
・見た目も美しい

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療インプラントは手術が必要なため不安になる方もいらっしゃいますが、当院の院長はIPOI(近未来オステオインプラント学会)の認定医です。また、口腔外科医として大学病院で長く活躍してきたため、外科手術の怖さを十分に心得ています。

インプラント手術は専用の手術室で行います。手術に伴うリスクを少しでも軽減するために必ず看護師が補佐として付き添い、ドクターが手術を行っている間の採血や全身の状態管理を担当します。また、歯科技工士が診断時に同席し、ドクターと治療方針を話し合うことで、より精度の高い治療を提供することができます。

●IPOI(近未来オステオインプラント学会)とは
IPOIは2008年に設立された非営利のインプラント学会です。インプラント専門技術の向上はもちろんのこと、高度な職業倫理、 患者さんへの正確な情報提供、メンバー相互の情報交換、質の高い教育等、インプラント治療に関するさまざまな活動を行っています。
近未来オステオインプラント学会のHPより抜粋)

【当院のインプラント治療の特徴1】歯科用CT完備

歯科用CTインプラント手術を安全かつ確実に行うため、当院では歯科用CTを導入しています。細かい診断が必要なインプラント手術を行う前に、これは欠かせない機材です。歯科用CTで撮影すると、今までのX線撮影と違って、骨の状態や神経の走り方まで立体3D画像で見ることが可能です。

【当院のインプラント治療の特徴2】看護師による全身管理

生体モニターより安全で確実なインプラント治療を行うため、当院では看護師が手術に参加します。医療知識や病院での経験が豊富な看護師がいることで、ドクターも手術に集中することができるようになり、より安全で確実な治療が可能となりました。手術中の生体モニターの管理は看護師が行います。

●生体モニター
インプラント手術や抜歯の際に、血圧や脈拍、血中酸素飽和度、心電図などを同時に把握できる機器です。全身の状態を迅速に把握しながらの治療が可能ですので、心臓疾患などの有病者や高齢者、治療に不安をお持ちの方も安心して治療を受けることができます。

【当院のインプラント治療の特徴3】歯科技工士が常駐

歯科技工士が常駐院内には歯科技工士が常駐しています。そのためドクターとの連携もスムーズに行えます。歯科技工士が患者さんの歯の色や噛み合わせなどを直接チェックできるため、一人ひとりにぴったり合った義歯を作ることができます。

【当院のインプラント治療の特徴4】ガイドサージェリー

ガイドサージェリーCT(コンピュータ断層撮影)装置で撮影した画像を元に顎の模型を作り、埋入する箇所を示すガイドを製作する「ガイドサージェリー」と呼ばれる方法を用いて、誤差を少なくしています。

【当院のインプラント治療の特徴5】造骨手術

造骨手術むし歯や歯周病の悪化によって一度歯を抜いてしまうと、噛む刺激がなくなることや入れ歯などによる圧迫で顎の骨が薄くなってしまいます。インプラントは顎の骨が少ない方には埋入することができません。造骨手術をすることで、インプラントが長持ちするだけでなく、骨が原因で他院では断れられてしまった方にも、インプラント治療の提供が可能となります。

主な造骨手術
●サイナスリフト
上顎の骨が少ない場合に行う手術です。「上顎洞」(サイナス)と呼ばれる空洞に補填材(最終的に自家骨に置き換わる骨と同じ組成の素材)を入れて骨を増やします。

●ソケットリフト(オステオトーム)
サイナスリフトと同じく上顎の骨が少ない場合に行いますが、ソケットリフトは4mm以上の骨の厚みがある場合に行われます。骨の厚みが4mm以下の場合は、サイナスリフトを行うことが多いです。

●GBR
骨が不足している箇所を特殊な膜で覆うことで骨を作るスペースを確保します。その中に骨の元となる素材を詰めていき、骨の再生を促します。

【当院のインプラント治療の特徴6】PRPテクニック

PRPテクニックPRPとはPlatelet Rich Plasma(多血小板血漿)の略語です。つまりPRPは、採取した血液を遠心分離器にかけ、分離した血漿を吸い取り、最後に残る濃縮した血小板を取り出したものです。この成分には、止血や細胞の増殖を促す作用があります。

骨の質が悪かったり薄かったりする患者さんにPRPを使えば、今まで不可能だったケースでもインプラントの治療ができることもあります。また術後にPRPを使用することで、患部の腫れや痛みを防ぐ効果も期待できます。

インプラント治療の流れ

当院では2回法と呼ばれる術式で手術を行います。1回法の方が短い期間で治療を終えることができますが、より確実な2回法をお勧めしています。

【STEP1】カウンセリング
症状について患者さんのお話を伺うとともに、インプラント治療のメリットとデメリットのご案内、期間や費用についてご説明します。

次へ
【STEP2】精密検査・診断
歯の型採り、レントゲン写真撮影などの必要な検査を行います。お口の中全体の歯周病の状態、周辺の歯の状態も検査します。

次へ
【STEP3】治療計画の説明
診断に基づいて、治療の流れ・治療期間・費用・治療に伴うリスク・治療後の保証・メンテナンスなどについてご説明します。

次へ
【STEP4】インプラント埋入手術
埋入する本数によって変わりますが、手術にかかる時間は30~60分程度です。当日は仕事を休むなどといった大きな制限はありませんが、なるべくゆったりとお過ごしください。

次へ
【STEP5】保定期間
インプラントを定着させるために数か月の保定期間を設けます。上顎で4~6か月、下顎で2~3か月が目安です。

次へ
【STEP6】アバットメントの装着・人工歯の製作
インプラントにアバットメント(土台)を装着して、人工歯の製作に入ります。当日は仮歯を装着してお帰りいただきます。

次へ
【STEP7】人工歯製作・装着
色や形の合う被せ物を作るために、歯肉が健康になった時点で型を取ります。できあがった被せ物をインプラントに取り付けます。

次へ
【STEP8】経過観察・メンテナンス
歯がきちんと機能しているかチェックします。頬などを噛むことがないか、話しにくくないか、などを確認すると同時に歯磨き指導も行います。

インプラントは、日常生活でのお手入れをきちんとしていればとても長持ちしますが、より長くお使いいただくために、定期的なメンテナンスをお勧めします。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております