一般歯科

いつまでも自分の歯で食べる喜びを感じていただくために、最適な治療方法をご提案します。

一般歯科

むし歯があると、通常の歯科治療では予防のためにむし歯になりやすい健康な部分まで削ることがあります。患部が神経に近く、治療後に痛みが出る可能性があると、神経を取る治療を施すことも珍しくありません。このような処置は、治療済みの歯が再びむし歯になったり詰め物が外れたりするトラブルを避けるためにも行われます。

当院では、歯をなるべく削らない「ミニマルインターベンション=MI」治療を行っています。ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)とは「最小限の侵襲」という意味です。予防的観点から、歯を大きく削るのではなく、むし歯の部分だけを正確に最小限に削り取ろう、という考え方です。

ミニマルインターベンションの治療は、患者さんに大きなメリットがあります。むし歯に侵された部分だけを慎重に削るので、歯の負担を減らすことができます。治療中に神経を取らずに済み、歯の寿命を延ばすこともできます。

【MI治療のための取り組み】ダイアグノデント

ダイアグノデントレーザー光線を歯に照射し、その反射光を読み取ることで、肉眼では見つけにくい小さなむし歯まで安全に発見できる装置です。しかもこの装置は、むし歯の進行状況を正確に数値化してくれます。歯にレーザーを当てるだけで、まったく痛みを与えず、削るべきか(治療するべきか)経過観察をするべきかを、歯科医師が正確に判断できます。

【MI治療のための取り組み】3Mix法

3Mix法3Mix法は、薬剤でむし歯に対処する新しい治療方法です。3種類の抗菌薬をむし歯によってできた穴に詰め、象牙細管の中に入り込んだ細菌を除去します。細菌がいなくなると歯の再石灰化が進むので、必要以上に削らなくても済みます。

【MI治療のための取り組み】ドックベストセメント

院長あいさつドックベストセメントとは、銅の殺菌力を利用するむし歯の治療方法です。これまで神経を抜かなければならなかった症例でも、この方法であれば神経を残したまま治療することも可能です。

この治療方法では、歯を削ったり抗生剤を使用したりすることは基本的にはありません。ドックベストセメントの主成分であるミネラルが、歯の殺菌と歯牙質の再石灰化を促進するからです。

むし歯の進行と治療方法

むし歯は、初期の段階では痛みや腫れなどの自覚症状がありません。痛みや腫れを感じるのはかなり進行してしまった状態です。進行すればするほど治療方法が限られてしまうため、普段からお口の状態を確認する習慣をつけて、少しでも違和感を覚えたらすぐにご相談ください。

CO(Caries Observationシーオー:初期むし歯)CO
歯が溶け始めてむし歯が始まっている状態ですが、まだ穴があいたり黒くなったりしていません。まだこの段階であれば、日常生活でフッ素入りの歯磨き剤を使ってしっかりブラッシングすることで、再石灰化させることが可能です。

C1(エナメル質う触)C1
歯の表面を覆っているエナメル質がむし歯により溶かされ、小さな穴ができてしまった状態です。まだむし歯が象牙質に達していないため、痛みは感じません。実はこの状態は大変危険で、初期・中期には痛みをあまり感じることがないため、放置するとどんどん症状が進んでしまいます。

C2(象牙質う触)C2
エナメル質の下の象牙質までむし歯が達してしまい、冷たいものや甘いものを食べるとしみることがあります。治療の際には痛みを伴うため、麻酔が必要です。むし歯が内部で大きく広がっている場合はむし歯を除去し、形を整えたあとに型を取り、詰め物を製作して装着します。

C3(神経まで達したう触)C3
エナメル質、象牙質のさらに下の神経にまでむし歯が達しています。この段階になると激しく痛みを感じることが多く、神経が死んでしまった場合は細菌が炎症を起こして膿を生じたり歯ぐきが腫れたりします。麻酔をして神経を取り除き、根の中を掃除してから詰め物をします。処置に時間がかかるため、継続した通院が必要です。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどが崩壊してしまい、根だけが残った状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3と同じように神経を取り除く根管治療を行う必要があります。症状によっては抜歯しなければならないこともあります。神経が全滅してしまうと痛みは感じなくなりますが、放っておくと骨まで溶けてしまうこともある危険な状態です。

まず、抜かずに残すことを第一に考えます

一般歯科当院ではできる限り歯を抜かない方向で治療を進めます。しかし、どうしても残すのが難しいというケースもあります。そういうときは無理せず、患者さんにご納得いただいた上で抜歯することもあります。もちろん、患者さんの希望を第一に考えます。検査結果などを参考にしながらじっくり考えましょう。

治療前にしっかり内容を説明します

一般歯科抜歯に限らず、すべての治療は患者さんの承諾を得てから行います。たとえ小さなむし歯の治療でも、治療前に必ずレントゲンを見ながら「今日はここを治療します」とご説明し、承諾を得てから治療に入ります。進行状況によっては根管治療が必要な場合もありますが、十分に説明した上で神経を保存する方向で治療を進めます。

根管治療

根管治療初期のむし歯なら、歯を削って詰め物を入れれば症状が改善されます。しかしむし歯が神経にまで及んで炎症が起きてしまった場合には、その神経を除去して根管内を洗浄する必要があるのです。この施術のことを根管治療と呼びます。根管治療を行うと、神経にまで達してしまったようなむし歯でも、抜歯を避けられることがあります。

<根管治療は、こういった症状の方に受けていただきたい治療です>
・むし歯の進行により「歯を抜くしかない」と言われた方
・歯の神経を取ったのに痛みが取れない方、歯ぐきが腫れる方
・歯の根の治療をしているのに、また痛みが出てしまう方

具体的な根管治療の方法

リーマーと呼ばれる専用の器具を使って、歯の神経が入っていた部分(根管)をていねいに洗浄します。その後、根管に薬を詰めてから被せ物を装着します。このときにむし歯菌を完全に取りきらないと、後に再発することもあります。根管治療には、非常に緻密な歯科技術が必要です。

根管治療

根管治療の流れ
【STEP1】器具を使い、歯の表面のむし歯部分を除去する
次へ
【STEP2】根管部分を治療するために、歯の神経スペースに穴をあける
次へ
【STEP3】歯の根の感染した部分を除去するために、リーマーという器具を使う
※このとき、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をすることもあります
次へ
【STEP4】ばい菌が入らないように、根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮めてから根管を封鎖する
次へ
【STEP5】症例によって、根管治療後の歯に詰め物や被せ物を取り付ける

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております