麻酔を使って痛みを和らげます

表面麻酔当院の麻酔
表面麻酔とは、薬剤を歯ぐきに吹き付けたり塗ったりすることで、歯ぐきの痛覚を鈍くする麻酔です。まず歯ぐきに表面麻酔をし、効いてきた頃に麻酔注射を施します。麻酔注射をすると、治療の痛みを患者さんはほとんど感じません。

以前は「麻酔注射は針を刺すときが痛い」という問題がありました。今では表面麻酔をすることで、そんな注射針の痛みを大幅に減らすことができるようになりました。

電動麻酔当院の麻酔
電動麻酔では、コンピュータで制御された電動注射器を使います。この麻酔方法では、麻酔液の注入速度と圧力をコンピュータが一定に保ちます。麻酔液の注射が痛いのは、強い圧力がかかるからです。電動麻酔を使えば注入圧力が常に低く抑えられるので、麻酔液注入時でも痛みはほとんどありません。

笑気麻酔
笑気麻酔とは、医療用のガスを使った麻酔方法です。ほかの方法に比べて麻酔効果はそれほど高くありませんが、笑気麻酔には鎮痛効果が非常に優れているという特徴があります。痛みをさらに軽減させたいときに、ほかの麻酔薬と笑気麻酔を併用することがあります。

温かい液剤
当院では専門の機器を使って、体温と同じくらいまで温めた麻酔液を使用しています。冷たい麻酔液を注入すると、痛みを感じやすくなることがあるからです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております